2022年12月

1/5ページ
DX
  • 2022.12.31

日本政府が目指す「ぬくもりのあるデジタル化」とは?

日本政府が目指す「ぬくもりのあるデジタル化」とは? しかし、DXが進まないと国際競争力は上がらない。そして、やるのであれば官民一体でやる必要がある。その点、国はどう考えているのか? ビデオレターで登壇したのは、デジタル庁デジタル大臣である河野太郎氏になる。 河野氏は日本のDXを推進するデジタル庁が発足1年を迎えることを […]

  • 2022.12.31

「マルチクラウドに共通のオペレーションモデルを提供」デイブ・マクジャネット氏

HashiCorp CEOが「クラウド時代のVMwareを目指す」と語る理由 クラウドインフラの構成管理ツール「Terraform」などを提供するHashiCorp。その重要性はマルチクラウド時代においてさらに高まっている。また2022年10月には「HCP Boudary」の一般提供を開始し、ゼロトラスト戦略も加速させ […]

  • 2022.12.29

音声認識 AI に関する一年の振り返り

音声認識 AI に関する一年の振り返り 2022 年には、あらゆる領域で AI ベースの音声認識技術が大活躍しました。Google トレンドでは関心の高まりが測定され、音声パターンによって一部の病気を特定できるという驚くべき医療の進歩がありました。また、ユーザーが音声でコントロールする多様なデジタル サービスとデバイス […]

  • 2022.12.29

2023年にデータドリブン企業が優先すべき5つのトレンド

2023年にデータドリブン企業が優先すべき5つのトレンド 2022年の初めには、各国が入国緩和を進めるなど新型コロナウイルス感染症の世界的な流行による未曾有の事態が収束を見せ、誰もが胸をなでおろしましたが、年が明けてしばらくすると、私たちはいまだ大きな混乱の中にいることに気づきました。 景気後退が起こり、ロシアとウクラ […]

  • 2022.12.28

デジタル分野の花形職業№1となったエンタープライズ・アーキテクト

デジタル分野の花形職業№1となったエンタープライズ・アーキテクト 12月21日の日本経済新聞によると、2022年、米国のデジタル分野の「花形職業」に「異変」が起きているそうです。 22年人気職業ランキング(12月21日日経新聞記事を基に作成) 19年までは最も人気のあった「データサイエンティスト」がランキングの3位とな […]

  • 2022.12.28

Metaのメタバースが目指す、新たなコラボレーションの世界

Metaのメタバースが目指す、新たなコラボレーションの世界 筆者は今、浜辺沿いのオフィスで、ビジネスジャーナリストたちや、Metaのテクノロジー専門家らとおしゃべりをしている。しかしその数分前には、同じ人たちとともに窓の外に広がる、サンフランシスコの近未来を思わせる風景を見ていた。 メタバース空間でハイタッチ 次世代の […]

  • 2022.12.28

2022年のWeb3トレンドを振り返る

2022年のWeb3トレンドを振り返る 【ラウンドアップ】 2022年は、それまでのブロックチェーンやメタバース、非代替性トークン(NFT)といった個々のテクノロジーを総称する「Web3」がキーワードとして浮上した。それぞれが単独に、または関連し合いながら、2023年はよりさまざまな形が出現していくことになるだろう。こ […]

  • 2022.12.28

宮崎県企業局、発電所・ダム施設の情報をクラウド管理–巡視点検を効率化

宮崎県企業局、発電所・ダム施設の情報をクラウド管理–巡視点検を効率化 宮崎県企業局は、設備管理アプリケーション「ゲンコネ」を、発電所・ダム施設の巡視点検用のアプリケーションとして試行導入した。同製品を提供するセンシンロボティクスが12月27日に発表した。 ゲンコネは、各施設・建物の不具合・修繕箇所の情報やタ […]

  • 2022.12.27

ローコード開発は実際にどこまで使えるのか

ローコード開発は実際にどこまで使えるのか 開発者不足が今後も続くとみられている中、供給が少なく、費用もかかる人材を雇用する代わりになる可能性があるとして、ローコード開発プラットフォームへの関心が高まっている。 しかし、ローコード開発が役に立つとしても、実際問題として、JavaやJavaScriptやPythonの開発者 […]

  • 2022.12.27

コミュ力を重視し過ぎた日本のIT業界

コミュ力を重視し過ぎた日本のIT業界 世界的なセキュリティ人材の増加は、その定義や質の問題は置くとしても、統計的な数値として事実であり、しかも世界で最もセキュリティ人材の増加に成功しているのが、驚くことに私たちの日本だということを前々回に述べた。 また、それとは別に「SIer」(システムインテグレーター)が主導的に企業 […]

1 5