2020年、”デジタルプロダクト”の時代へ