「安さでパブリックククラウドを選んではいけない」改めて考える価値と戦略のポイント