河本薫教授が説く、普通の企業においてデータとAIの活用を推進するために必要な「人材」と「組織の力」