AWSを基幹系で利用、知っておきたい流儀