クラウド図鑑 Vol.44

IBM Watsonは、「人工知能/AI」あるいは「機械学習」に分類されることもあるが、IBMはWatsonを、自然言語による質問を理解し、回答を学習し人間の意思決定を支援する「コグニティブ・コンピューティング・システム(Cognitive Computing System)」と定義している。この中で「機械学習/AI」は、要素技術のひとつであり、インテリジェントな判断のためのインタフェースとして自然言語を使って質問をして学習した知識ベースから適切な回答を返す自動応答システムという形が基本である。2011年に米国の人気クイズ番組「ジェバディ!」では、10台のラックに2880個のPOWERプロセッサを搭載し、2億ページ相当の情報を取り込んだWatsonが、人間と対戦して勝利し、一躍有名になった。IBM Bluemix は、2014年7月の正式リリース以前から、Watsonのサービスを取り込んでおり、2016年1月の現時点では、17種類のWatson関連サービスをアプリから簡単に利用できるようにしている

IBM BluemixのWatson設定画面例
(クリックで拡大)IBM Watson

URL  http://www.ibm.com/cloud-computing/jp/ja/bluemix/
2016年1月27日 株式会社クラウディット 中井雅也
他の機械学習/AIのクラウドサービスを見る
他のIBMのクラウドサービスを見る

機能

2016年1月現在で、以下のような17のWatson機能を、Bluemixのサービスとして提供している。

  1. AlchemyAPI (IBM) 画像認識/解析、自然言語解析、ニュース/ブログ解析など
  2. Concept Expansion (IBM) 婉曲表現/俗称を一般語句にマップする。現在ベータ
  3. Concept Insights (IBM) 入力内容の背後にある概念を探索する。
  4. Dialog (IBM) アプリケーションがユーザーと自然言語で対話できるようにする。
  5. Document Conversion (IBM) HTML, PDFなどを正規化されたテキストやJSON形式のAnswerユニットセットに変換。
  6. Language Translation (IBM) テキストをある言語から他の言語に翻訳。
  7. Natural Language Classifier (IBM) 質問テキストに対して自然言語の分類を実行。
  8. Personality Insights (IBM) データから個人の性格に関して洞察し特性を識別。
  9. RelationshipExtraction (IBM) 文章の主語、述語、動詞などから関連性を発見。現在ベータ。
  10. Retrieve And Rank (IBM) 機械学習アルゴリズムにより最も関連性がある情報検索。
  11. Speech To Text (IBM) 音声をテキストに変換。
  12. Text To Speech (IBM) テキストから音声を合成。
  13. Tradeoff Analytics (IBM) 対立する複数の目標に対して、より良い選択を行う。
  14. Visual Recognition (IBM) 画像や動画を認識・分析しラベル付けを行う。現在ベータ。
  15. Cognitive Commerce (CognitiveScale) 機械学習によるレコメンデーション。
  16. CognitiveGraph (CognitiveScale) 機械学習を応用したグラフ、視覚化。
  17. Cognitive Insights (CognitiveScale) 機械学習による洞察、予測分析。

どのサービスもREST APIで呼び出して利用する。テキストや画像、音声といったデータをインプットとして渡すと、各サービスに応じたアウトプットを受け取る。Node.jsやJavaなどのプログラミング言語を使用し、結果はJSON形式で返る。Watsonの処理の本体はBluemixではなく、Watson Developer Cloudで行われる。このため知識ベース(Corpus : コーパス) を新たに作成、あるいは拡張する必要がある場合にはバックエンドのWatsonに対して「Experience Manager」を使用して、テキスト、HTML、PDFなどのデータを取り込み、学習させる必要がある。これはBlumixの範囲外の作業となる。2016年1月現在、コーパスは日本語に対応していない。2016年2月に、IBMとソフトバンクにより、IBM Watson日本語版が提供開始された。Natural Language Classifier, Dialog, Retrieve and Rank, Document Conversion, Speech to Text, Text to Speech の6種類が日本語化された。

使いやすさ

数多くのサービスが日本語化されたBluemixのコンソールに統合されており、グラフィカルに設定・操作が可能。BluemixのベースとなっているPaaSソフトウェア「Cloud Foundry」のアーキテクチャにより、各サービスは一貫性のある「バインド」という操作でアプリから接続ができる。ただし、各サービスの内部は英語の画面があったり操作性も統一されていない。開発は、ローカル環境からコマンドライン使用(cfツール)、Git CLIでのデプロイ、Bluemix DevOps ServiceによるWeb IDEを使用するなどの方法に加えて、プラグインによって人気の高い統合開発環境のEclipseと連携が可能。Watsonのサービスを呼び出すアプリは、Node.jsやJavaなどに加えて、IBMのビジュアル開発環境「Node-RED」を使えば簡単なアプリなら1時間もかからずに作成できる。

マニュアルや書籍など

ドキュメントは日本語化されているものも多いIBM Developer Worksからチュートリアルが提供されている上にGitHubから多くのサンプルを提供している。

拡張性

Bluemixでは、アプリに対してメモリーやCPUコアを追加することができる。またAuto-Scalingアドオンにより、CPUやメモリーなどの状況により、アプリケーションを自動的にスケールアウトして処理能力を拡張できる。

可用性

Blumixのアプリ同様に、アプリのスケールアウトによる冗長化が可能。ただし、現時点ではデータセンターをまたがる冗長化のオプションは提供されていない。

SLA

2016年1月時点でBluemix全体のSLAが定義されていない。
2016年11月の最新のSLAドキュメントでは、Bluemix Publicを複数リージョンで分散配置した場合かBluemix Dedicated、Bluemix Localを地理的に離れたデータセンターに分散配置した場合でPlatform Serviceに対して99.95%の可用性を、単一の環境にBluemix Dedicated、Bluemix Localを配置した場合で99.5%の可用性をサービスレベルとして規定し、これに達しない場合は使用料金が割り引かれる。ただしIBMはSLAをよく変更するので(2016年だけで3バージョンある)、最新のSLAを確認する必要がある。

自動化機能

全てのWatsonサービスはAPIで利用する。マネージドサービスとして提供されており、管理はIBMによって行われ運用タスクも自動化される

セキュリティ

Bluemixは、パブリックのマルチテナントのPaaSだけでなく、パブリックのシングルテナントのPaaS「Bluemix Dedicated」、さらにオンプレミスの「Bluemix Local」のオプションがあるため、厳しいセキュリティの要件にもあわせることができる。

データセンターの場所

マルチテナントのパブリックPaaSとしてのBluemixは米国、イギリス、シドニーのデータセンターからの提供となる。ただし、利用できるサービスがリージョンによって異なるので、現時点では米国を選択するのが無難である。シングルテナントのBluemix DedicatedではSoftLayerの東京データセンターも選択できる。オンプレミスのBluemix Localは、当然だが任意のデータセンターで稼働させることができる。

実績・シェアなど

2016年1月時点でBluemixとの組み合わせのWatson事例は公開されていない。IBM Watsonとしては、タイのバムルンラート病院、南アフリカのメトロポリタン・ヘルス、オーストラリアのANZグローバルウェルスとディーキン大学、スペインのカイシャバンクなど。日本では、三井住友銀行がコールセンターでのWatson採用を発表している。

エコシステム

IBM Watsonに関しては、日本ではソフトバンクとCTCが積極的に展開している。ソフトバンクは、Watsonの日本語対応やエコシステムプログラムなどを日本IBMと共同で展開している。

価格および支払い方法

Watsonサービスは、AlchemyAPIは1日1000イベントまでは無料、Concept Insightsは毎月25000回のAPI呼び出しまでは無料、それ以上は0.21円/API呼び出し、Dialogは毎月1000回のAPI呼び出しまでは無料、それ以上は2円/API呼び出し、Document Conversionは毎月最初の100MBまでは無料、それ以上は5.25円/MB、Language Translationは最初の100万文字は無料で、それ以上は2.1円/1000文字、Natural Language Classifierは1インスタンス、初期の1000回までのAPI呼び出し、4トレーニングイベントまでは無料で、それ以上は2100円/インスタンス/月に加えて0.3675円/API呼び出し、315円/トレーニングイベント、Personality Insightsは毎月最初の100回の呼び出しは無料で、それ以上は21円/API呼び出し、など。他サービスはBluemixサイトで確認を。
Bluemixのアプリも、無料枠が用意されており、枠を超えると主に使用メモリーと利用時間に応じて費用が発生する。おおまかに、およそ512MBメモリーのインスタンスの月間あたり750時間の使用が無料枠の範囲であり、それを超えると1GBメモリーあたり7.35円/時間で課金される。